FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

社会福祉法人あゆみ 事務局

Author:社会福祉法人あゆみ 事務局
東京北区にあります社会福祉法人あゆみです。
私たちは、「みんなの一歩を大切にしたい」という思いのもと、障害のある人たちの生活を支えていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

防災訓練を通して地域の皆さんと

2018.09.19 12:50|来夢
9月9日、自治会(赤羽南)防災訓練に参加しました。
天候は晴れ、額から汗の粒が流れるくらいに気温も上がりました。
自治会の方から振舞って頂いた冷たい麦茶が大変美味しかったです。

 『火事だ!!火事だ!!』
周囲に聞こえるように大きな声を出しながら消火器による初期消火を体験。
普段の生活の中で消火器を目にする機会はありますが、実際に手に持ちレバーを握って噴射(体験では水)することは貴重な体験でした。ここで注意です。実際の粉末消火器は30秒間で終わってしまいます。
危険のない限り近くまで行ってからレバーを引くのがコツだそうです。また、一度レバーを握ると中身が無くなるまで止まりませんので、その点も合わせて覚えておいてくださいね。

 消防署の隊員の方から消火器の説明を聞きながら、メンバーさんは『来夢の消火器はどこにあった?』『2階は給湯室、3階は階段の突き当り』と自然に会話が出ていました。また、応急手当の三角巾体験、緊急災害時に使用できる地域の消火栓からの放水体験、地域の皆さんと協力して行ったバケツリレーもありました。

 今年は地震や豪雨災害が多く発生しています。災害発生時に消防は、まず火災の対応がメインになるそうです。
そのため、救助は自分たち・近隣等での助け合いを大切にしてもらいたいというお話がありました。
その中での防災訓練、特に地域の皆さんと顔を合わせて一緒に参加をした防災訓練は、地域の皆さんに私たちを知って頂く、
私たちも地域の皆さんの顔を知る自助・共助への繋がりになると思いました。
スポンサーサイト

赤羽南自治会夏祭り

2018.09.15 14:54|来夢
9月15日(土)
猛暑の日々がようやく落ち着き、秋の兆しが感じられるようになり少しほっとしております。

来夢では地域の方々との交流を図りたいという思いから、赤羽南自治会の方々に夏祭りの参加をお願いしたところ、快く受け入れてくださり山車練り歩きにご一緒させてもらうこととなりました。

この日は雨。残念ながら山車は出さなくなりましたが、恵の雨ということでいざ出発!
                     DSC02327.jpg     

神輿の担ぎ手さんたちの掛け声に祭りの熱気を感じながら最後尾について歩きました。
   DSC02336.jpg      DSC02333.jpg         DSC02342.jpg

今回初の夏祭り参加ということで短時間でしたが、祭りを通して地域の方々の活気ある雰囲気を感じることができました。
これからも、地域の方たちと交流できる機会が増えていけばいいなあと思います(#^.^#)

夏の締めくくりとなったお祭り参加でした!
            
             DSC02337.jpg

みなさま、いかがお過ごしですか?

2018.07.02 14:31|来夢
 こんにちは!
梅雨が明けた途端、猛暑に見舞われているこの頃、変わらずにお過ごしですか?

 私たちは変わらずに活動しています! ・・・が、さすがにこの暑さ、堪えます。
カラダも、ココロも萎えそうです。




     そこで、私たちは考えました。

     30年度7月2日ブログ用写真

     「むしゃむしゃ倶楽部」の誕生です。




入部に資格も条件もありません。午後の仕事も楽しく頑張れるよう昼休みのひとときを、それぞれで好きなスウィーツを持ち寄って、開放感に身をゆだね、暑さで溶けそうなココロに涼しい風を送り込んでいます。

みなさまも近くにお越しになった際は、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいね(笑)。



支援員より一言:「増量にお気を付け下さいね。」
倶楽部員一同 :・・・(ヒヤリっ)。

調理レク 「お好み焼き」

2017.07.25 16:44|来夢
 お好み焼きが、調理レクのメニューに僅差で決まり、お好み焼きに票を投じた俺は、軽い安堵感に浸っていた。
 お好み焼きを最後に食べたのはいつのことだっただろうと浅い熟考を始めたときに、突然、無知という不安が俺に襲いかかってきた。
俺はお好み焼きが本来どういうものか知らなかったのだ!
 「お好み焼き」という安直な名前の裏に隠された「お好み焼き」とは本来どういうモノかという、食す人の思考を停止させるネーミングに興味を持つに至る。

 調理レク、当日になればその答えに近づけるのではないかと、好奇心と不安の混ざった気持ちで当日を迎えることになった。

6月23日。当日の天気は晴れ。参加者、職員含め20名。
材料の買い出しは前日に行われた。
キャベツ、揚げ玉、魚粉、桜えび、卵、紅しょうが、粒コーン、豚肉、ウインナー、カニカマ、切りいか。以上が生地に混ぜる具材、トッピングするもの。
オタフクソース(広島産)、減塩ソース、マヨネーズ、青のり。以上が味付けするもの。

 参加者各人の「お好み」で、生地の中にみんなで用意準備した、具材が混ぜられてゆく。
生地に混ぜる具材の黄金比率なるものが、もしかして存在するのではないか?そのことが俺の、己の「お好み」と向き合う思考力を奪ってゆく。おいしく作る具材の配合比率とは?俺の思考は、子牛を乗せた馬車のように揺らいでいる。馬車は待ってはくれない。難しいことは無視して、感じるままお好みで具材を混ぜてゆくことにした。やれることはただそれだけ。気分はもうドナドナだ。どうなろうと構わない。
 上記した具材を使い各人がおのおの生地にお好みの具材を入れ、フライパンで焼き始める……宇宙でただひとつ、同じものなど存在しない、「お好み焼き」が焼かれてゆくよ...

 自分の「お好み」と真摯に向き合い、気の向くままに作れるのが、お好み焼きのよいところだと思います。自分の好みを再確認、己自身を知ることができる食べ物だと思います。
それが答えかどうかは確認しようがないが...
なぜならひとの好みは意外と移ろいやすいものだから...

やみつききゅうりはyummy(ヤミー、おいしい)でした。
ぷるぷるオレンジゼリーは固まらず、ゆるゆるでしたが、おいしかったです。

素敵でおいしい一日でした。
                       29年度6月23日調理レクブログ用

・・・伝わると、うれしいです。

2017.06.07 14:35|来夢
毎年恒例の日帰り旅行に行ってきました。
天気はイマイチでしたが、参加されたみなさんは美味しいビュッフェを堪能し、最先端の宇宙情報に驚かれたようです。


29年度日帰り:ブログ記事用写真1 

29年度日帰り:ブログ記事用写真3   29年度日帰り:ブログ記事用写真2 
 

今回は日帰り旅行に参加された、とあるメンバーさんの感想をご紹介させていただきます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



電車に乗るのが怖くてビュッフェには行きたいのに行くのをやめようと思っていました。
職員の方やメンバーの人達に、どうしたらいいか相談したりしました。
メンバーさんからは「手をつないであげる」と言われ、

職員の方からは「その場になってムリだったら、そこでどうにかしたらいいよ。」と言われ、
そうだよな、行きたいから怖いけど行ってみようと思いました。

乗ってみればなんともありませんでした。

ビュッフェはとても美味しく来て良かったなぁと思いました。
TenQも“暗いトンネルをくぐる”とパンフレットに書いてあり
「もう入れない。」と職員の方に言って、
そうしたら「無理だったら入らなくても大丈夫だから。」と言われ、
その場に行ったらすんなり入ることができました。

1番恐怖の帰りの電車も混んでなくて座って帰ってきました。
パニックになったらどうしようとばかり思っていたのに何も起きなかった。

少しだけ世界が変わりました。

『電車に乗っていろんな所へ行ける様になればもっと楽しいことができる!』
そう思い、とてもうれしかったです。

エレベーター、電車、人混み、今でも怖いです。
でも、少し慣れたのが私にとっては1歩進めた気がします。
みんなと一緒に行く事で勇気が出て、行けて本当によかったです。ありがとうございました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
 この感想を読ませていただき、『一人ではできないこと』に対して寄り添い支えることができたことを知りました。
 本当に本当にうれしかったです。そして、支援員としての自信と喜びを感じる機会をくださり、こちらこそありがとうございました。


 最後に…今回の事は表面的に見れば「そんなに大変なのか?」、と感じる方もいると思います。
事情を知らない人は、旅行中のご本人の様子からは、そのような想いを抱えているとは感じにくいことと思います。

 ですので、これからも来夢は、みなさんの想いに寄り添いつつ夢や希望をどのようにしたら叶えることができるか、という視点を大切にしていきたいと改めて思いました。