FC2ブログ
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

社会福祉法人あゆみ 事務局

Author:社会福祉法人あゆみ 事務局
東京北区にあります社会福祉法人あゆみです。
私たちは、「みんなの一歩を大切にしたい」という思いのもと、障害のある人たちの生活を支えていきたいと考えています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

第三者評価を受審しました。

2013.11.27 11:41|来夢
来夢では、今年度の事業目標に第三者評価の受審を挙げており、9月よりメンバーさんへ受審のための
説明会を開いたり、評価委員の方との面談を行うなど、メンバーの皆さんの協力をいただきながら、
進めてきました。

ご覧の皆さんは「第三者評価ってどんなものだろう?」「なんのためのもの?」ってお思いですよね?
とうきょう福祉ナビゲーションでは以下の様に説明しています。

福祉サービス第三者評価とは
 いざ福祉サービスが必要となったときに、どの事業所、施設が自分にとっていいのか等、自ら選ぶのはとても難しいものです。
 サービスを受ける前に十分確認してと言われても、何を確認すればいいのか、どうやって調べればいいのか、どの情報をあてにすればいいのかなど、悩んでしまうのではないでしょうか。
 東京都における福祉サービス第三者評価制度では、「自分の利用したい事業所の特徴はどのようなことか」、「サービスの質はどのような状態にあるのか」など、利用者の皆さんがサービスを選択する際の目安となったり、都民の皆さんが事業所の内容を把握することが可能となるように、各事業所の評価結果を公表しています。
 公表されるのは評価講評、利用者調査の結果、事業評価の結果で、それぞれについてあらかじめ事業所が公表同意した内容です。また、評価結果に関する事業所のコメントもあわせて公表しています。
しくみ
                      (とうきょう福祉ナビゲーションホームページより転載)

9月あたりから実際に第三者評価委員の方が来夢にきて、メンバーさんに第三者評価はどんなものなのかなど説明会を開いていただきました。それからおひとりおひとりとの面談をして、「来夢とはどんなところなのか」「どんなサービスをしてくれるのか、」「満足しているか、どんなところが困っているのか」などたくさんの質問に答えたそうです。面談を終えたメンバーさんは「評価委員の人はすごく話がうまくて、いろんな話を引き出されちゃうんだよ!」とお話しされていました。どんな話をしているのか職員としてはドキドキですが、そこは当然のことながら完全に秘密が守られています。職員もアンケートで支援関係、書類関係などたくさんの項目に答えました。

それらすべての集計結果を踏まえて、この11月22日に評価委員からの評価結果の報告を受けました。
管理者が代表して報告・説明・アドバイスをいただきました。1日がかりで書類の整備からマニュアル関係、書類の整理の仕方など細かくご指導ただきました。

その後職員間でその結果をよく話し合い、改善していく点、これから気を付けていく点、ここはよかったと
言われた点など挙げて、取り掛かれるところから取り掛かることとなりました。

受けるまでは正直不安でしたが、とても貴重な評価を受けさせていただきました。
職員会議

インターネットでの評価結果の開示は準備中のようです。
以下のリンクからとうきょう福祉ナビゲーションのホームページに移動できますので、どうぞご覧ください。
とうきょう福祉ナビゲーション http://www.fukunavi.or.jp/fukunavi/

第三者評価委員の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました。
評価結果を以後のサービス提供に生かしていこうと思います
スポンサーサイト

六義園に行ってきました

2013.11.26 11:55|あゆみグループホーム
  六義園に行ってきました 
   ・・・あゆみハウス・・・


あゆみハウスでは、11月20日(水)、駒込にある六義園へ散策に行ってきました。
紅葉のライトアップには、ちょっと早かったのですが、移りゆく四季を感じてきました。

ハウス六義園①    ハウス六義園②
 正面の門で記念撮影            園内を散策中

     ハウス六義園③     ハウス六義園④
      紅葉した落ち葉を拾ったり          撮影をしたりして、それぞれ楽しみました


  ハウス六義園⑤        ハウス六義園⑥
       ちょっと休憩            紅・黄・緑等の葉の色のコントラストが綺麗でした


六義園を満喫した後は、巣鴨まで散歩し、ちょっと豪華な夕食を頂きました
      
           ハウス六義園⑦


グループホームに戻ってからは、お団子とお茶をいただきながら、話に花を咲かせませした。

ハウス六義園⑧


六義園では、デジカメを交代でもち、それぞれが「いいなぁ~」と思った風景を撮影してきました。
それらを、GH事務所に掲示し、事務所を訪れた人に投票をしてもらう
「あゆみハウスフォトコンテスト」を開催してみました。

                  DSCN3146.jpg

掲示して、今日で2日目ぐらいですが、すでにいくつか★がついています~
今回、初めてデジカメを持った方もいるそうですが、みなさん なかなかの出来栄えですね!!

工場見学 草加の老舗おせんべい屋さんへ~

2013.11.25 11:29|ワーク・スペース・ポピー
雨の中、草加の「丸草一福-まるそういちふく-」さんという、、
老舗のおせんべい工場へ見学と手焼き体験に行って参りました!

こんな雨じゃポピーのみんなの情熱は消せませんよ~♪

・・・って一泊旅行も雨でした?

そういえば、かき氷レクも雨・・・。

雨男か雨女がひそんでいるかもしれません・・・(笑)



午前11:40に、予定通りポピーを出発。

約1時間かけて電車、バスを乗り継ぎ工場に到着しました。



老舗だけあって趣のある建物です。

p1.jpg
p2.jpg



まずは、お店の方の案内で、工場内を見学。

おせんべいができて行く工程を、ガラス越しに見せて頂きました。



その後、別室にてフィルム鑑賞。

おせんべいの歴史や、製造工程が細かく説明されているものです。

勉強になりましたね!



さて、いよいよ手焼きの時間です!

手焼き体験は、3枚のおせんべいを焼きます。

プレーンなしょうゆ味、ごま、青のり。

IMG_0697.jpg




この3枚は、持って帰るか、その場で食べてもOKです。



お米をうすーくのばして乾燥させた生地を、熱い網の上で何度もかえして、

ふくらんだら「押し瓦」でつぶします。

平らな状態で焼くことで、熱を均一に伝えるんですね。

IMG_0669.jpg



網のそばはとても暑いです。

網からものすごい熱が上がってきます。

おせんべいを返す手も、とても熱くて、つい逃げ腰になってしまいます。

熱さに負けず、どんどんかえさないと、しましまの焦げせんべいになってしまうので、

みんながんばりました!




焼けたらお醤油を表、横、裏、とまんべんなくぬって出来上がりです。

IMG_0678.jpg

IMG_0674.jpg




工場内は、夏でも冷房をせず、工員さんたちは

こまめな水分補給でがんばってらっしゃるそうです。


心までほっとあったかくなる体験ですね。

そして15時のバスに乗って、工場を後にしました。

IMG_0701.jpg




メンバーさんの感想は・・・

*せんべい作り大変だったけど、何より熱かった。
200度で焼いている工場内は、35度だった。けっこうふくらんだ♪

*やけどしそうな熱さだった。しょうゆつけはうまくいった♪

*初めてせんべい作り、すごく熱くて大変だったけど、うまくできた。
買ったのものもおいしかった。焦げたのも、家族が食べてくれました♪

*せんべいの体験できてよかった。自分の作ったものは家族が食べて、
よくできているとほめられた♪

*熱かった。できたものは意外とおいしかった♪

*熱いところでおせんべいを焼いて、昔の人はずいぶん熱い思いをしたのだな、
と思った。家族が食べてくれて、香ばしいと言われた♪



日常と違う体験は、新鮮な刺激があります。
百聞は一見に如かず。
みなさまもおでかけしてみられてはいかがですか?


豆知識*「おせんべい」と「おかき」の違い
おせんべいは、ふだん食べるお米(うるち米)からできていて、
おかきは、もち米からできているんだそうです。
おかきの中でも小さいものは、「あられ」と呼ぶようです。


さて、次はどんな体験が待ってますでしょうか。

最後に、所長のひとことでしめくくりたいと思います。

「自分で焼くのは、3枚が限界かな」

そうですね。 あの熱さに耐えられる職人さんはすごいです!
餅は餅屋ということわざの通り、
我々はふだんは食べる方に徹することにしましょう(笑)



(文:ほしの)

あゆみハウス 入居者ミーティング

2013.11.20 14:43|あゆみグループホーム
入居者ミーティングを行いました【あゆみハウス】


11月18日あゆみハウスで入居者ミーティングを行いました。

         ハウスミーティング①

今回の議題は、
 ①12月の予定
 ②体調管理
 ③トイレの使い方
 ④節電について
 ⑤当番について
 ⑥レクについて   などでした

12月の予定確認風景です。
皆さん、所属されている作業所や、働く場所が違うので、
表やカレンダーを見て、メモを取り、一つ一つ確認していきました。

各所の忘年会など12月は予定がいっぱいです。

              ハウスミーティング②

議題に対して、△△は?と質問が出たり、
周りの意見が出やすいように冗談を言って場を和ませてくれる入居者もいました。

入居者3人と少なくても、グループホームのルールなどについては、
「ああしたほうがよい、こうしたほうがよい」と意見がたくさん出ます。

              ハウスミーティング③

普段集まって話をする機会があまりないので、議題の他にもお互いに気になる事など活発に意見がでていました。

あゆみボウリング大会を開催しました!

2013.11.07 14:46|あゆみ事務局
あゆみボウリング大会を開催しました
~ボウリングを通じて交流を深めました~


社会福祉法人あゆみでは、毎年秋ごろに、あゆみ内の交流を主たる目的とした「あゆみまつり」を行っています。
今年度は、お借りしている会場の都合もあり、「祭り」という形ではなく、ボウリング大会に形式を変えて行いました。

         あゆみボウリング大会 オープニング

11月2日(土)、赤羽にある「三恵ボウル赤羽」さんにて、
利用者、ボランティア、職員の総勢80名が15の混合チームに分かれ、
あゆみオリジナルルールのチーム対抗ボウリング大会をおないました。

      ボウリング大会②     ボウリング大会③ 力投!


ボウリングが得意な方もあまりそうでない方も楽しめるようにと、
実行委員が何度も集まり、会議を重ねながら、
ゲームごとに「ラッキーナンバー」を設けて、「ラッキーナンバーが3」の場合は、
3本倒したら、10点など、ルールを変更し、

事業所単位の対抗戦ではなく、それぞれの事業所から1人から2人ずつの混合チームにし
皆さんが交流を持てるようなチーム分けにしてみました。

ボウリング大会④点数の集計中


ボウリング後は、1位・2位・3位・ブービー賞の表彰と閉会式を行いました。
次は自分たちのチームが呼ばれるかも…とドキドキした顔を皆さんされており、
いざ「1位は△△レーン」と呼ばれると、
「えっ!! 私たち???」と逆にびっくりする場面も見られ、
会場にいた全員から、祝福の拍手が送られていました。

                ボウリング大会⑤ ブービー賞!

後日、皆さんの感想をうかがうと…
・いつもと違ったルールは、はじめよくわからなかったけれど、慣れたら楽しかった。
・ふつうのゲームのほうがよかった。
・あゆみではボウリングをして、休日はスポーツセンターに行ったりしたので「スポーツの秋」を満喫できた。
・混合チームは知らない人と交流ができたので、たまにはこのような機会があるのもよい。
・チーム対抗で商品がもらえたのは良かったけれど、個人賞もあればもっとよかった。
・そんなに疲れなくてよかった。

などなど、普段は違う事業所で活動されている皆さんが集まって話をし、一緒に汗を流す。
今回初めての試みでしたが、皆さん楽しい時間を過ごしていただけたようでした。

職員研修会を行いました

2013.11.06 12:08|あゆみ事務局
リスクマネジメント研修を行いました


他のイベントと日にちの順番がずれてしまいましたが、社会福祉法人あゆみ職員対象の研修会のご報告です。


台風26号により、伊豆大島をはじめ各地に被害がもたらされた 10月16日(水)の夕方、
社会福祉法人光照苑 江戸川光照苑 苑長の水野敬生様を講師にお招きして、
リスクマネジメントについて研修会を開催いたしました。


リスクマネジメント研修①

あゆみでは、数年前より少しずつ職員研修の機会をもつようになりました。
まだまだその内容は、足りないものばかりですが、
今年度は、より利用者・入居者の皆さんの生活に密接したものを重点課題として取り組む事になり、
今回「リスクマネジメント」について初めて職員全体で勉強する機会を持ちました。


リスクマネジメント研修②    リスクマネジメント研修③


講師の水野さまからは、
・リスクマネジメントの基本的な考え方、心構え
・支援する職員が、「専門職」として求められる視点
・法人、事業所で必要な取り組み
・利用者支援向上のため、さらに事故を防ぐ為に、業務標準化(マニュアル)が大切である、
と教えていただきました。

リスクマネジメント研修⑤   リスクマネジメント研修⑥


それらに共通する土台の部分として、法人の理念がある、とご説明いただきましたが、
あゆみの職員は、その場ですぐに法人の理念を暗唱することができませんでした。

これでは、常にその理念を意識し、立ち返りながら業務をすすめていく事ができない、と言われても
仕方がありません…

他にも、業務マニュアルの未整備など、
あゆみの至らない点がまだまだある事に気づく事が出来ました。

リスクマネジメント研修⑤


今回、講師の水野様に、ご指導、ご指摘いただいた事を改善しつつ、
ホームページにも掲げている あゆみの理念「みんなの一歩を大切にしたい」を
念頭に置いた支援ができるよう、
各事業所の職員会議や、施設長会等で話し合いを進めていき、
皆様にご提示できるようにしていきたいと思います。